RL78_1006 CPUボード
                            
  
     


20ピン CPUですが、クロックが32MHzで様々な用途に使えます
CS+環境、E1でC言語、リアルタイムデバック出来ます。




ルネサスエレクトロニクス社による商品紹介ページ





































本製品は開発セットではなく、無償で
サンプルプログラム、解説を提供いたします。







●CPU特徴 R5F1006AASP  RL78/G13

電源電圧: VDD = 1.6 - 5.5 V
最高動作周波数: 32 MHz
ROM
容量: 16 KBフラッシュ・メモリ
RAM
容量: 2 KB
データフラッシュ容量:4KB
20
ピン、0.65mmピッチ IC
高速(0.03125 µs:高速内蔵発振クロック32 MHz動作時)から超低速(30.5 µs:サブシステム・クロック32.768 kHz動作時)まで最小命令実行時間を変更可能
汎用レジスタ:8ビットx 32レジスタ(8ビットx 8レジスタx 4バンク)
高速内蔵発振クロック内蔵

32 MHz高速内蔵発振クロック:32 MHzTYP.

単電源のフラッシュ・メモリ内蔵(チップ消去/ブロック消去/書き込み禁止機能あり)
セルフ・プログラミング機能対応(ブート・スワップ/フラッシュ・シールド・ウインドウ機能あり)
オンチップ・デバッグ機能内蔵
パワーオン・リセット(POR)回路,電圧検出(LVD)回路内蔵
ウォッチドッグ・タイマ内蔵(専用の低速内蔵発振クロックで動作可能)
●乗除・積和演算器内蔵

16ビットx 16ビット = 32ビット(符号付き)、
32ビット / 32ビット = 32ビット(符号なし)、
16ビットx 16ビット+ 32ビット = 32ビット(符号付き)、
16ビットx 16ビット+ 32ビット = 32ビット(符号なし)

キー割り込み機能内蔵
クロック出力/ブザー出力制御回路内蔵
10
進補正(BCD)回路内蔵
I/O
ポート:16
●タイマ

16ビット・タイマ:8-16チャネル、
ウォッチドッグ・タイマ:1チャネル、
リアルタイム・カウンタ:1チャネル、
インターバル・タイマ:1チャネル
●シリアル・インタフェース
CSI
UARTUARTLIN-bus対応) 2CH
I2C/簡易I2C

8/10ビット分解能A/Dコンバータ(VDD = EVDD = 1.6 - 5.5 V):6チャネル
スタンバイ機能:HALT, STOP, SNOOZEモード
動作周囲温度:TA = -40 - +85 °C









●CPUボード構成

※本ボードの開発にはルネサスエレクトロニクス社製エミュレータE1が必要です。

電源:           1.6V~5.5V 単一 5mA(5V/32MHz時 TYPE)
E1デバッカを使用して動作させるとE1から3.3Vまたは5Vの電源を供給できます。
デバック時など200mA以内の総電流であれば他に用意する必要はありません。
デバックコネクタ:E1用デバックコネクタ実装済み。
基板サイズ:      40×32×15(H)mm 
RoHS指令:    基板、部品、半田付け全ての工程でRoHS指令準拠仕様。

取扱説明書              回路図、サンプルプログラム、サンプルプログラム使い方(LZH)       CS+forCAからCS+forCC変更注意点 
                            CS+ for CAだけでなくCS+for CCのサンプルも追加されました。 2016.114    2016.11.4  


 CPUボード価格  1,500円(税込み)  ご購入はこちらFC2 shop  通販サイトへジャンプします。


●他のCPUボードはこちら

製品のお問い合わせはこちらからどうぞ
info@beriver.co.jp
TEL 042-985-6982
FAX 042-985-6720