AQM1602XA I2C シリアルインターフェイス 16文字2行 液晶 ライブラリ 2018.06.14

弊社のCPUボードと秋月電子通商さんで販売されている 液晶表示基板AQM1602XA を接続する無償ライブラリを製作しました。



■ ライブラリを製作したCPUボードは以下の通リです

製品名  CPUピン数   ROM容量(Byte) 特徴   価格(円 税込み)
 BCRL78_10Y17  10  4K  超小型   980
 BCRL78_1006  20  16K  汎用  1500
 BCRL78_1176  20  8K  12bitAD  1600
 BCRL78_101  100  96K  汎用廉価  2800   
 BCRL78_104  100  256K  汎用  5600 
 BCRX230  64  256K  12bitAD,DA 汎用廉価  1900


■ AQM1602XAとの接続

マイコンボードとAQM1602XAの接続は4ピンのコネクタで行います。
下記例はRL78_10Y17ボードのCN2コネクタにAQM1602XAを接続した回路図です。電源3.3V(5V)、GND、SCL、SDAの4本を接続して下さい。



基板側ピンヘッダB4B-EH 対応ハウジングEHR-4 ピン BREH-001T-P0.6 メーカーJST   圧着済みのLケーブル 通販「通信ケーブル」で発売中です。
                                                           

各CPU別回路図は各々のダウンロードファイルに含まれます。

サンプルソフト、ライブラリ 動作環境

サンプルソフトはA/D変換を電圧値に換算し、液晶に表示しています。ルネサスエレクトロニクスの無償開発環境CS+ for CC で作られています。ですので、CS+ for CA,CX 環境しかないお客様はお手数ですがCS+ for CC環境を新規に構築して下さい。またエミュレータもルネサス純正のE1を使用しています。プログラムを書き込むのに必要です。

■I2C波形概要



AQM1602XAへのコマンドは読み込みが不可ということで、特に読み込みは行っていません。但し、AQM1602XAからのコマンドに対するackはあります。間違ったコマンドではackは得られません。

■ダウンロード

製品名  サンプル、ライブラリ、回路図ダウンロード
 BCRL78_10Y17  
 BCRL78_1006  
 BCRL78_1176  
 BCRL78_101  
 BCRL78_104  
 BCRX230  


■注意事項

pdfファイルになっています。

1.AQM1602XA を5Vで使用する場合の注意   サンプルソフトはE1からの供給電源で動作します。RL78_101、RL78_104は5Vで動作しています。その他は3.3Vで動作します。
2.アドレスオーバーフローが出たら
3.RL78/G10 ウオッチ式の表示に関して
4.CS+ for CA、CX で書いたソフトを CS+ for CC に乗せ換える方法
5.ウオッチ式のインポート

■お問合せ先

有限会社ビーリバーエレクトロニクス
埼玉県日高市高萩1141-1
TEL 042-985-6982
MAIL info@beriver.co.jp


戻る